覚醒 −ある場所のミラーサイト―

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己エスノグラフィーと研究

<<   作成日時 : 2012/10/12 19:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

まとまらないことをメモしているので、支離滅裂なので、覚悟してください。



自己エスノグラフィーとポストモダニズム 

思考の浮遊させる奴等は、パズルのように言葉遊びをしながら、思考の外にでようとする、越境者のように。



例 
『プレイの場:学級生活の構築(Fields of play: Constructing on Academic Life) 』 
(Richardson, 1997)



研究過程を述べるために、自己の今までの過程を述べる、それ自体がエスノグラフィーだと思う。

みんな理解しないで、使っていると思う。



例えば、ETVのスーパープレゼンテーションに出てきた 脳溢血で倒れた脳科学者のプレゼン

また、今回の山中教授の「人間万事塞翁が馬」のプレゼンなど、まさに自分の挫折から、

転向して研究者になり、実験が仮説に反した結果で、失敗かとおもいきや、

その結果を探るうちに、なんと、ノーベル賞をとるような研究をしていたという話。

(どこかで、何かが反転しているんだ、時代がおいついたとか?)









そういえば、有名なスピーチで、スティーブ・ジョップスのスタフォード大でのスピーチなど

自分の大学を退学してよかったことについて、堂々と語っている。

これなんかも、自己エスノグラフィーだ。





皆意識しないで、使っているのだろうと思う。

ローレル・リチャードソン(Laurel Rechardson)によれば、

書くことも一つの探求方法で、それを、創造的かつ分析的な実践に基づくエスノグラフィー

(creative analytic practice ethnography)と呼んで、以下の分野が含まれるとされる。



*autoethnography

*fiction stories

*poetry

*drama

*performance texts

*polyvocal texts

*readers' theater

*responsive readings

*aphorisms

*comedy and satire

*visual presentations

*allegory

*conversation

*layered accounts

*writing-stories

*mixed generes

書くことで、「感情を喚起する形式」は、感情を引き起こす反応があるわけだが、

ラウンドテーブルなどでも、そうだ、自分の語りをするうちに、

じつは、各自の語りをしており、それが、個別に違っている世界、思い出であるが、

なぜか、合致して、理解し共感しあうことができる。



つまり、これらを語ることは、各自の感情を喚起する表現であり、

それにより、過程(プロセス)が各々の体験と感情に照らし合わせられてよりよく理解される。



従来思っている教育目標とは、
目標があり、
それにそう教育方法がとられ、
報告するという形態をとるが、

じつは、大勢の先生ができるわけではないだろうが、
授業方法が大まかな目的があれば、
即興でも、その授業単元の目的にそわなくても、そのような効果は狙える。

それが、即興授業で、その場の人たちに合わせるが、ちょっとでも、関連することがあれば、それに引きつけて授業ができるからだ。



私がラウンドテーブルの感想を、詩やグラフ等で表現しようとしたことや、

学習学会発表で、鈴木大拙の禅の話を、落語調で、「夜盗の話」をプレゼンに織り込んだもの

何の反応も無かったが、これらに当たると思われる。



しかし、各自のイメージや体験の詳細が異なるにも関わらず、共感が起こったり、

互いに理解しあえる、もしくは、協働できるというのは、なぜなのか。

これがまだ、上手く説明できない。


創作ダンスも日記や作文と同じようなものだし、

推敲も、批判的振り返りだし、

また、これらを上演し、それをみることは、もう既に振り返りの状態だと思う。


上手くまとめられないが、こんなことを思っている

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エアマックス 95
自己エスノグラフィーと研究 覚醒 −ある場所のミラーサイト―/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 95
2013/07/08 12:54
エアマックス 2013
自己エスノグラフィーと研究 覚醒 −ある場所のミラーサイト―/ウェブリブログ ...続きを見る
エアマックス 2013
2013/07/08 16:26
VISVIM 通販
自己エスノグラフィーと研究 覚醒 −ある場所のミラーサイト―/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/08 20:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自己エスノグラフィーと研究 覚醒 −ある場所のミラーサイト―/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる